お知らせ一覧
2016/04/17
定例勉強会

「鼻のトラブルに対する中国漢方の応用」 について定例勉強会を開催しました

今月は、中医学講師の仝選甫(とん せんぽ)先生をお招きして、
「鼻のトラブルに対する中国漢方の応用」といった内容で
定例勉強会を開催しました。

「鼻のトラブル」としては、慢性鼻炎、後鼻漏、副鼻腔炎(蓄膿症)、
鼻茸(ハナタケ)、血管運動性鼻炎、花粉症などのアレルギー性鼻炎が
あげられます。

こういった疾患について、どういった中国漢方を、
どのように組み合わせて使うと効果的かといったことを学びました。
特に、中国漢方の「鼻淵丸」、「頂調顆粒」、「衛益顆粒」、「独歩顆粒」は、
鼻の症状改善にあたって大変有用であることが、症例を通じても理解できました。



また、定例勉強会の後には、1年に1回実施させる「会員資格試験」が行われました。
中医薬研究会では、その会員規則にて「日夜、中医学の習熟に努める」と
定められており、その習熟度をはかるために、会員資格試験が課せられています。
点数が低い場合には、資格のはく奪となってしまう厳しい試験です。

なお、広島中医薬研究会の会員は、今年も無事全員合格でした。
会員一同、今後とも、ますます中医学の研鑽に努めていきたいと思います。
是非、お近くのお店でご相談ください。

【講師紹介】
仝 選甫 先生
河南中医薬大学客員教授。87年、河南中医薬大学医学部卒業。
同年より、河南中医薬大学附属医院教授、耳鼻咽喉科主任などを務める。
97年、中国耳鼻咽喉科のベテラン中医師である蔡福養(さいふくよう)教授の耳鼻喉学術経験継承人に。
2002年、広州中医薬大学附属医院、耳鼻科准教授、主任などを務める。2004年、来日。
2009年より、日本中医薬研究会専任講師として、中医学の教育と普及に従事。


【定例勉強会 出席店】
古林漢方薬局、フタバ漢方薬局、三条薬局、東宝薬局本通店、ムラオカ薬局、漢方薬局本草、小林漢方駅前店、まえのぶ薬局、ヘルシータウンジョイ薬局、今岡薬局、エイコー堂薬局、ドラッグプラスアルファ薬局、くすりの広貫堂イオン海田店、広貫堂Aコープ瀬野店、福井薬局、健康堂薬局、サン薬局、めぐみ堂、東宝薬局牛田店、くすりの石田一貫堂、三香薬局、やなぶ養神堂薬局