お知らせ一覧
2019/05/19
定例勉強会

「紅沙棘と晶三仙の臨床応用」についての定例勉強会を開催しました

今月は、中医学講師の韓 小霞(はんしょうしゃ)先生をお招きして「紅沙棘と晶三仙の臨床応用」
についての定例勉強会を開催しました。 

「紅沙棘(ホンサージ)」は、沙棘(サージ)というグミ科の植物の実から抽出されたオイルを
カプセルにしたもの。
沙棘は、やせた土壌や高地、寒冷地等の厳しい環境で育つ生命力の強い植物で、
その果実は「生命の実」「美容成分の宝庫」とも呼ばれ、古くから健康や美容に良いものと
親しまれてきました。
沙棘から抽出された沙棘油の有効成分は100種類を超え、不飽和脂肪酸、ポリフェノール、
各種ビタミンなど豊富な栄養成分を持っています。 
本日の定例会では、「紅沙棘」が、主婦湿疹や老人性皮膚乾燥症、アトピー性皮膚炎などの
皮膚疾患に使えるのはもちろん、ドライアイやドライマウス、ピロリ菌による慢胃炎、
潰瘍性大腸炎やクローン病、慢性肝炎などの粘膜や内臓疾患にも有効だというお話を
症例とともに詳しくお話いただきました。



 「晶三仙」は、山楂子(さんざし)、麦芽(ばくが)、神麹(しんきく)からなる天然成分からなる
消化酵素。食べ過ぎたときに1〜2包を服用すると、すぐにすっきりしてくれます。
本日は、この晶三仙の作用について、単純な消化酵素ではなく、胆汁酸の促進作用を持ち、
高脂血症やアテローム動脈硬化、肝機能障害などにも応用できる、という話を詳しく説明いただきました。



 紅沙棘も晶三仙もとても効果を実感しやすい中成薬です。興味があれば、是非、お近くのお店で
試してみてください。



 【定例勉強会 出席店】浅田エーケー堂、今岡薬局、小林漢方駅前店、くすりのひらた宮浦店、くすりのひらた本店、ドラッグプラスアルファ広島、漢方なつめ、くすりのあきてんしん堂、古林漢方薬局、(有)三香薬局、東宝薬局牛田店、福井薬局、ムラオカ薬局、エイコー堂薬局翠店、漢方薬房 本草、ヘルシータウンジョイ薬局、フタバ漢方薬局、広貫堂Aコープ瀬野店、大竹ヘルシー薬局、まえのぶ薬局、薬局アップルファーマシー